今回は円を描きます、プログラムにはいろいろ書きかたや、書式など面倒なことが多いですが、 できるだけ、少なくしてやっていこうと思います。

円(楕円)のプログラムを書いてみよう!!

いきなりですが、円を表示するプログラムを書きます

 

ellipse(50,50,40,40);

これをエディタに入力してください ; を忘れずに

 

入力し終わったら、プログラムスタートボタンを押してください
すると、このような画面が出ると思います

これで円を書くプログラムが出来ました。

円のプログラム解説

プログラムは何でもそうですが様々な機能をもったプログラムを組み合わせてプログラムを作ります。
こんかい記述した、 ellipse(50,50,40,40); も同様です

ellipseとは日本語役で楕円 のことで
()で囲まれた数字をパラメータまたは、引数(ひきすう)といいます

円を書く上で必要な情報は何でしょうか?

 

上の画像のように頂点(中心点)座標とx,y軸の半径のパラメータがあれば書くことができますね
なので円を書くために、その情報を与えましょう。

結局、 ellipse(中心点のx座標,中心点のy座標x座標の半径,y座標の半径);となります

パラメータの間は,で区切ります

パラメータを変えることでいろいろな絵を書くことが出来ます。
パラメータを色々変えて書いてみましょう

 

 

今回は、いろいろなものをすっ飛ばして円を書くことだけに重きを置きましたがどうだったでしょうか、

できるだけ、プログラミングの楽しさがわかっていただけると幸いです