SHARPの電子辞書「Brain」を改造して、ウィキペディアやアンサイクロペディア等を
見られるようにする方法を紹介します。





20120415084421_compressed
-導入の様子-


1347786990_warning改造が可能なBrainの機種はPW-G5000PW-G5100PW-A9000及び
PW-A9200」「PW-A7200」「PW-G5200」「PW-G4200」です。

この記事を読む前に、Brainの改造をする前に の記事に目を通すことをおすすめします。
Brainの改造をする際のトラブルへの対処を記述しております




nexhawks氏が開発されたBrainのアプリケーション、「XTBOOK」を導入する方法です。
ウィキペディアやアンサイクロペディア等のデータを、XTBOOKで読み込むことによって、
電子辞書「Brain」でウィキペディア等をすることができます。

ウィキペディアのファイルのサイズは、
テキスト:約2,3GB 画像:約6,7GB であり、とても大きいです。
そのため、その巨大なファイルの圧縮ファイルをダウンロードし、解凍できる環境が必要です。

また、Brain本体のメモリーの容量は200MBであるため、
導入にはmicroSDカードが必要となります。







XTBookの導入

まずは、https://github.com/yvt/xtbook/releasesでXTBookをダウンロードします。


XTBook-0.2.*(バージョン名は違う場合があります)-Brain.zipへ移動してzipファイルをダウンロード。

ダウンロードしたファイルを右クリックして「すべて展開」
もしくは任意の解凍ツールより解凍してください

解凍して「__MACOSX」、「XTBook-0.2.*-Brain」
という二つのフォルダができると思いますが

「XTBook-0.2.*-Brain」のフォルダを
Brainに入れたいmicroSDHCカードの
「アプリ」フォルダに(無い場合は作成して)いれましょう

ここがこの記事の中で最重要といえるポイントで、
「XTBook-0.2.*-Brain」の中の「XTBook.exeWS000123
のファイル名を「AppMain.exeWS000122」に変えてください

簡単に説明すると、下のように拡張子「.exe」は変えずにファイル名を変えてください
WS000123WS000117WS000118WS000120WS000122

この作業によって、ホーム画面の追加アプリの「XTBook-0.2.4-Brain」より起動できます


起動した画面

20120415100606_compressed





このときはまだ、辞書ファイルがないのでウィキペディア・アンサイクロペディアは閲覧できません


ウィキペディア・アンサイクロペディア等の辞書ファイルの導入

XTBOOKが導入できたら、
ウィキペディア等の辞書ファイルの圧縮ファイル(の圧縮ファイル)をダウンロードしましょう

ウィキペディアの辞書ファイルは
文字ファイルは約2G、画像ファイルは約6Gくらいのようです(サイズは変化する場合があります)

ファイルはどれもサイズが大きいため、
本サーバーに負荷をかけないよう半日~数日かけてダウンロードするのがよいでしょう

ダウンロード高速化ソフト:FlashGetなどを使うのもいいかもしれません


ここではウィキペディア日本語版をダウンロードしてみます


まず、http://xtbdicts.nexhawks.net/のページに移動し、「ダウンロード」をクリック
(追記)2015/06/07現在、作者様のサイトが落ちているようなのでダウンロードできないようです。

http://xtbdicts.nexhawks.net/

「プレビューは利用できません」と書いてある下の「ダウンロード」をクリック

http://kwout.com/cutout/b/dk/qq/s2u_rou_sha.jpg

同様に、移動したページで「ダウンロード」をクリック

http://kwout.com/cutout/7/mu/su/kni_bor_rou_sha.jpg

すると、ダウンロードが開始されます。

【追記】この際、ファイルへのアクセスが多いなど、サーバーが混み合っていたりする場合、
ダウンロードができない場合があるようです。
時間を空けてダウンロードを再開してみてください。


「jawiki-[日付].xtbdict.tar.xzWS000174
というファイルがダウンロードできたら解凍をします。
7-zip等の、少し特殊な解凍ソフトが必要かもしれません

wiki


すると今度は、
「jawiki-[日付].xtbdict.tarWS000176
というファイルができますので、それをさらに解凍。

wiki2

やっとお目当ての
「jawiki-[日付].xtbdictWS000180
のフォルダができました

これを「XTBook-0.2.*-Brain」の「Dictionaries」に入れれば、
導入は完了です

画像ファイル(jawikiimg-[日付].xtbdict)の場合も同様で、二度解凍してから
Dictionariesの直下に入れればよいです。

【追記】「0.2.*」のバージョン名は違う場合があります。(11月1日現在では「0.2.4」です)

操作方法
簡単に操作方法を説明しておきます

まず上で説明したように、XTBookを起動させましょう

そして、XTBookのウィンドウ上部に、下のような検索バーがあると思います

waku



ここに検索したい語句を打ち込めば

20121101052157_compressed

こうして検索ができます

また、findingのところを押すと
A:アルファベット検索,あ:かな検索

という様に、入力の設定ができます

20120415140020_compressed




更新を続けるためにも
ランキングをクリックして支援してくれると嬉しいです


また、説明して欲しい、紹介して欲しい、編集して欲しい、聞きたいことなどありましたら
お気軽にコメント欄もしくはメールフォームよりどうぞ



Brainの使用には液晶保護フィルムとケースがおすすめです
電子辞書液晶保護フィルム/SHARP Brain
シャープ 電子辞書専用純正ケース OZ-270E-BK